赤ちゃんが足をバタバタ激しい!布団を蹴ったりおむつ替えも大変!バタつかせる理由とは

スポンサーリンク

赤ちゃんが足をバタバタする!

次女が生後5ヶ月になり、最近足の力が強くなってきました。足をバタバタさせて、布団をかければせっせと下の方に蹴っていきます。

おむつ交換も足をバタバタしたりすぐに寝返りをしようとするので大変!テープタイプのおむつでは限界を感じて、次女は生後4ヶ月でパンツタイプのおむつにデビューしました。

足のバタバタが激しい赤ちゃんはパンツタイプのおむつにすると、かなりおむつ替えが楽になりますよ!

赤ちゃんの足のバタバタはいつからいつまで?

次女は月齢がまだ低いうちはほとんど寝ているし足の力も強くはなかったので、足のバタつきはほとんど気になりませんでした。ですがこれは次女の場合で、長女は生後2ヶ月頃から足のバタつきが激しくて布団も蹴りまくりだったので、赤ちゃんによって足のバタバタが激しくなる時期は違うと思います。

早い赤ちゃんは新生児からバタバタが激しかったりするようで、赤ちゃんが上手にハイハイができるようになるくらいまでバタバタは続きます。長女の場合は生後9ヶ月くらいで落ち着きました。

赤ちゃんが足をバタつかせる理由

赤ちゃんが何故足をバタバタさせるのか、ちょっと気になりますよね。月齢が低いととくにどこか痛いんじゃないか…大丈夫かな…と気になってしまうかもしれません。

ですが赤ちゃんが足をバタバタさせるのは成長過程の一つであり、程度は異なりますがみんなします。なので心配のいらない場合がほとんどです。

赤ちゃんが足をバタつかせる理由はというと、機嫌の良い場合と機嫌の悪い場合で理由は異なってきます。

機嫌が良い場合の足バタバタ

  • 楽しい、もっとかまってほしいアピール
  • 足を動かすのに夢中になっている
  • 足を赤ちゃんなりに鍛えている
  • 足に何かが触れる感触が面白い

赤ちゃんが楽しんで足をバタバタしているときは、足元に音のなるおもちゃなどを置いてあげるとさらに夢中になって遊んでくれます。

機嫌が良い場合の足のバタバタはとくにやめさせる必要はありません。ですがバタバタしながら移動している場合は、移動先に赤ちゃんにとって危険なものがないか注意しましょう。壁などで頭を打たないように事前にクッションなどを置いておくと安心です。

機嫌が悪い場合の足のバタバタ

  • おむつが気持ち悪い、交換してほしい
  • お腹が空いた
  • 暑い、寒い
  • 寂しい、抱っこしてほしい
  • 眠たい、うまく眠れない
  • お腹が張っている、ゲップを出したい

次女を見ていると機嫌が悪いときはだいたいこんな理由からです。なのでこれらを解消してあげると機嫌はなおります。

もしも泣き方が激しかったり、何をしても泣き止まない場合は他に理由があるかもしれません。赤ちゃんの体調が悪そうであれば、早めに病院に連れて行ってあげてくださいね。

おわりに

赤ちゃんの足のバタバタを見ていて足癖が悪い?なんて思うこともあるかもしれません。

そのことについてまとめた記事もありますので、気になる方はこちら↓

赤ちゃんの足癖が悪い!授乳中に蹴られる!物を蹴ったり押したり。止めさせる方法は?

赤ちゃんの足のバタバタはあっという間に見られなくなってしまいます。後になって懐かしく思うこともあるので、動画にとって思い出として残しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村