内診グリグリは拒否できる!実際に断ってみた!痛いのは嫌!やりたくない!回避する方法とは

スポンサーリンク

妊婦健診で内診グリグリはしなくてもいい!

長女を出産した際に経験した内診グリグリ。

あまりにも痛すぎてトラウマになってしまい、2人目の出産日が近づくにつれてビクビクしていました。

私が通っていた産婦人科の担当の先生は内診を行うのは遅めで、長女のときは38週ごろに行い、2人目の際は39週の健診で内診をすると告知を受けました。

ですが!私は内診グリグリをもうしたくない!NSTをしている最中に助産師さんに内診は拒否できるのか聞いてみると、あっさり「できるよー」と言われました。

すぐに助産師さんにしたくないと伝えると、カルテにも内診拒否と書いてくれました。

そのおかげで39週の健診の際もいつも通り和やかに、内診はせず終了しました。

病院や先生にもよるかも分かりませんが、痛みに弱い人はぜひ相談してみてください。

内診グリグリをすることで誘発分娩の効果があったりするので、予定日を超過していたり様々な理由で場合によっては拒否できないこともあると思います。

陣痛を促したり増強させる目的で行われたりするので、必要な場合はお産をスムーズに進めるためにも頑張ってみた方がいいかもしれませんが、しなくてもいいのなら私はしないを選びます。

ちなみに長女を妊娠中に経験した内診グリグリについて、まとめた記事もありますので気になる方は読んでみてください↓

もう二度と経験したくない!!内診グリグリが痛すぎた!効果は?実際に陣痛に繋がったか

産まれないと入院する日にグリグリされるかも

妊婦健診での内診は拒否できたものの、私は予定日を過ぎても産まれなかったため促進剤を使っての出産に決まりました。

となると入院の当日はまずは内診からです。

子宮口の開きを確認するため、こうなるとこれは拒否は難しそうです。でも「優しめで」とか「パパッとお願いします」なんてお願いは聞いてくれました。聞いてくれるだけで実際にするときは本当にそうしてくれるかは分かりませんが。

結果は1センチくらい。

3センチ未満だからバルーンを使うと言われ、先生を待つことになりましたが忙しいらしくなかなか来ず、先に着替えを済ませました。

そしてしばらくして担当の先生ではない別の先生が登場して初めてのバルーンを入れることに。

バルーン(メトロイリンテル)は痛くない?

バルーンを入れるのも入れている最中もちょっと違和感があるだけで全然痛くないよ、と助産師さんに言われていました。

が、私は痛かったです!

何をされているのかよく分かりませんでしたが、何やら器具をガツガツ入れられているような感覚があり広げられる感じがとにかく痛かったです。

ですがいざバルーンを入れようとするとバルーンが入らず、出てきてしまうからダメだと言われました。

そこで先生がもう一度内診すると、この短時間で子宮口は4センチになっていました。子宮口がかなり柔らかくなっていると言われたので、そのおかげかも?と言うことでバルーンはなしに。

とにかく早く終わってくれと思っていると、先生が「せっかくだからグリグリしとくね」と。

もうすでに痛いし、この状態で拒否するのもなと思い、お産をスムーズに進めるためにもここは頑張りました。

長女のときに経験した内診グリグリよりは耐えられる痛みでしたが、やっぱり痛い。

終わるとお尻の下は血で真っ赤でした。

個人差があると思いますが、グリグリっていろんな意味でやっぱりすごいと感じました。

出産当日の内診は拒めないかも

結局妊婦健診で内診を拒否できて喜んではいましたが、出産当日は内診やグリグリは場合によっては必要になってくるかもしれません。

でもここまでくると覚悟もできているので、きっと頑張れると思います。

でもダメ元でも先生や助産師さんに相談してみるのはいいと思いますよ!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村