赤ちゃんにごっつん防止リュックって実際は必要だった?メリットデメリットについて

スポンサーリンク

ごっつん防止リュックの必要性について

娘が生後9ヶ月になり、ハイハイやつかまり立ちなどで行動範囲がかなり広くなってきたので、先日「ベビーセーフティクッション」を購入してみました。

これは「ごっつん防止リュック」や「転倒防止リュックとも言われる赤ちゃん用の安全グッズの一つです。

前や横に倒れたら意味がないんじゃないか…なんて思い、今まで購入を迷っていましたがついに購入!

気をつけてはいても最近やたらゴツンゴツン頭を打つようになってしまったので、後ろだけでもカバーしたくて購入を決めました。

赤ちゃん用品店や楽天やアマゾンなどで、いろいろな種類のベビーセーフティクッションが販売されているのでどれにするかかなり悩みました。

私は見たことある方も多いかと思いますが、ミツバチの形のリュックを購入しました。




【Combimini(コンビミニ)】

使ってみて感じたメリット

実際に娘に背負わせてみると、これは…まずなんと言っても可愛すぎる!とにかく写真を撮りまくりました。

小さな背中にピッタリのサイズ感で、本当に可愛いです。

ベルトの長さも調整できるので、細めの赤ちゃんもぽっちゃり赤ちゃんも安心です。ちなみに娘は9kgのぽっちゃりちゃんですがピッタリサイズに調整できました。

そして一番気になる転倒したときにちゃんと頭を守れるのか。

娘の場合、かなりの確率で頭を守ってもらえています!もちろん前に倒れたり横に倒れてしまっては守れませんが、後ろに倒れたときは役目をしっかり果たしてくれます。

いくら赤ちゃんが頭を打たないように気をつけていても、ママだってずっと目を離さず見ているなんてできません。

それに気をつけなきゃ気をつけなきゃとずっと思っているとママも気持ちが休まらず、育児疲れしてしまいます。

ごっつん防止リュックは赤ちゃんの安全も守れて、ママの育児もサポートしてくれるので購入して損はないですよ!

赤ちゃんが自分からわざと壁や襖、ドアなどに頭突き!後頭部をスリスリ!ハゲないの?理由は?

使ってみて感じたデメリット

赤ちゃんによっては嫌がる子もいるみたいです。せっかく買ったのにもったいない…なんて思ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんが嫌がるときは無理に使用しないようにしてくださいね。

嫌がらないタイミングを見つけて、少しずつ慣らしてあげるといいかもしれません。

私が購入したものは背中のクッションがしっかりしているので、赤ちゃんが急にゴロンと寝転がるとちょっと邪魔そうにします。

その度に着脱を繰り返すのは若干面倒にも感じてしまいました。ですが、着脱は本当に簡単なのでただ私が面倒くさがりなだけ。赤ちゃんが安全に快適に過ごせるように、私もこれくらいはしっかりやっていきたいです。

あと私が購入したものは、夏はけっこう暑そうです。秋でもちょっと暖かい日は頭に汗をかいたりしています。

なので春から夏にかけて購入を考えている方は、メッシュ素材の物などがいいかもしれません。夏用、冬用とある場合があるので素材をしっかり確認してから購入してくださいね。

前方や横向に転倒したときも防ぎたい!そんなときはこういったヘルメットタイプもおすすめです。

おわりに

ごっつん防止リュックを実際に使ってみて、私が感じたメリットデメリットを含めた感想を書いてみました。

結果的に本当に買ってよかったと思っています。むしろもっと早く買うべきでした。

赤ちゃんはどうしてもまだ頭が重たかったりして後ろに倒れてしまう事が多いかと思います。

赤ちゃんがおすわりやはいはいができるようになったら、ぜひ使ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村