赤ちゃんが離乳食を少ししか食べない理由って?嫌がる赤ちゃん!食べてもらう方法と対策

スポンサーリンク

赤ちゃんが離乳食を少ししか食べない

生後5、6ヶ月頃から離乳食がスタートしますが、離乳食ってなかなかママにとって大変だったりします。

作るのももちろん大変ですが、食べさせてあげるのもけっこう大変です。

口をなかなか開けてくれなかったり、口に含んだ離乳食をなかなか飲み込んでくれなかったり、ブーブー唇を震わせ口に入れたものを飛ばしたり、途中で泣き出してしまったり。

食べてもらうのも一苦労!

どうして食べてくれないの?せっかく作ったのに…なんてへこんでしまう事もあります。

娘は毎回ではないですが、先にあげたような抵抗をして途中で食べなくなる事がたまにあります。

少ししか食べないでお腹空かないのかな?授乳だけで大丈夫かな?なんて心配にもなってしまいます。

そこで今回は赤ちゃんが離乳食を食べない理由や食べてもらう為の方法を考えていきたいと思います。

離乳食を食べる理由

まずどうして赤ちゃんは離乳食からスタートするのか。

赤ちゃんは生後しばらくはママの母乳から栄養をもらい、成長していきます。ですが月齢が進むと母乳だけでは栄養が足りなくなるため、離乳食がスタートします。離乳食が始まるタイミングは栄養面が深く関わっているんですね。

そしてもう一つの大切な理由。

離乳食はこれから赤ちゃんが自分でご飯を食べられるようになる為の練習でもあります。ゴクゴク飲むだけではなく、モグモグ私たちと同じように食べられるようになる大事な練習期間。

噛んで食べるという習慣を覚えることで、アゴの発達や歯並びにも良いと言われています。

また味覚や消化機能も発達していき、食べ物のおいしさも覚えていきます

離乳食を食べてくれない理由とその対策

離乳食初期の頃はとくに離乳食作りは大変だったりします。離乳食中期や離乳食後期になると味付けの工夫やレシピに悩んだり。

ママが一生懸命作った離乳食を食べてくれないと残念な気分にもなりますが、赤ちゃんなりの理由があります。

お腹がすいていない

母乳やミルク、おやつや飲み物などでお腹が満たされていてお腹が空いていないという場合があります。

母乳などを与えたときは、時間を置いてから離乳食を食べさせてあげるようにするといいです。

母乳やミルクは離乳食の後にプラスで与えるようにしましょう。

硬さや量が合っていない

最初は10倍粥からスタートで、トロトロだった離乳食。それからだんだんドロドロになり、少しずつ固形を混ぜたりしてモグモグ食べられるようになっていきます。

離乳食初期、中期、後期と別れ、少しずつモグモグ噛んで飲み込むという習慣を身につけます。そして食べる量も増えていきます。

が、赤ちゃんによって硬さや量を調整していくペースは異なり、とくに硬さが合っていないと「おえっ」と吐き出してしまう事もあります。

硬さが合わずあまりにもそうなってしまう頻度が多いと、赤ちゃんも食べるという事が嫌になってしまうかもしれません。

平均的なスピードにとらわれず、それぞれの赤ちゃんのペースで進めて行くことが大切です。

味付けが苦手

赤ちゃんには基本薄味で味付けをしますが、味が濃かったり苦手な味付けだったりすると、好みに合わず食べない事もあります。

またこの味付けだったら食べるけど、この味付けだと食べない、というのもだんだんママも分かってくると思います。

離乳食の期間は噛んで飲み込むという事を身につけていくのが一番大切です。赤ちゃんの好みを少しずつママが分かってあげることも大切です。

また市販の離乳食を食べさせてみると、喜んで食べたという赤ちゃんもいます。たまにはママも手を抜いて、そういったものにも頼ってみるといいかもしれません。

食べるということに興味がない

母乳やミルクしか知らなかった赤ちゃんにとって、食べるという事がまだ良く分からなくて興味を持っていない可能性もあります。

ママが食べるフリをしたり優しく声をかけたりして、「食べ物っておいしいんだよ」「食べることって楽しいんだよ」と赤ちゃんに分かってもらうことも大切です。

他に興味をそそられるものがある

テレビに夢中になっていたり、近くにおもちゃなどがあると、それが気になって離乳食を食べない事もあります。

離乳食を食べさせるときは、近くに赤ちゃんの興味をそそるようなものは置かないようにしましょう。

スプーンが気に入らない

最初のうちはまず赤ちゃんにスプーンに慣れてもらう事が大切です。スプーンで優しく赤ちゃんの口に触れ、口に入れても怖くない事を教えてあげましょう。

スプーンが大きかったりして赤ちゃんの口に合わないと、離乳食を食べてくれないこともあります。月齢に合ったスプーンを使うようにしましょう。

おわりに

離乳食を食べない赤ちゃんについて、理由や対策を書いてみました。

離乳食期は母乳やミルクでまだ栄養もとれたりするので、無理に食べさせたりする必要はありません。

赤ちゃんのペースに合わせ、少しずつ進めるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村