赤ちゃんが目を見開いて寄り目になり、えびぞりになって硬直!反り返りの原因とは

スポンサーリンク

新生児の娘が寄り目になりえびぞり状態で硬直した

初めての赤ちゃんは分からない事だらけで、たくさん戸惑います。その中でも私が一番不安になった出来事が、娘がまだ新生児の頃に突然目を見開いて寄り目になり、そのままえびぞりのように体を反らせ硬直した…という出来事です。

なんだそれ!って思いますよね。普通は経験しないことだと思いますし、こんなことがあるなんて知りませんよね。

すごく泣いていてお腹が空いたのかと思い授乳をしたんですが、授乳をしている最中にこの症状が初めて出ました。

突然目を見開いたかと思えば寄り目になり、体はえびぞり状態で硬直。

初めての事に驚き、私は何度も娘の名前を呼んでいました。

数分で元に戻ると何事もなかったかのようにあくびをしたりしていましたが、私は何かの病気じゃないかと軽くパニックに。いろいろと調べたりしましたが、全く同じ症状というものはなかなか見つからず分かりませんでした。

泣いた後だったので、泣き入りひきつけというものなのかな?とも思いましたが、ちょっと症状が違いました。

泣き入りひきつけとは

赤ちゃんが激しく泣いたりした際に呼吸がうまくできなかったりして、体色が赤紫色や蒼白色になったり、意識がなくなったり、全身ぐったりしてしまうなどの症状が出ます。

しかし娘の場合は、呼吸もちゃんとしていて顔色も普通。意識もあり、症状が治まった後は元気でした。当てはまるのは泣いた後という事だけ。だから泣き入りひきつけは違うのかな?という感じでした。

ちなみに熱もなかったので、熱性けいれんも違いました。

熱性けいれんとは

38℃以上の高熱により起こるけいれんで、意識がなくなったり顔色が悪くなったり手足のけいれんが見られたりします。

一体なにが原因なのか

翌日病院に行き、検査してもらいましたが異常は何もありませんでした。というか原因が分かりませんでした。また症状が出たら連れてきてくださいと言われ、帰宅!

とりあえずこのままもう症状が出なかったり、2〜3回症状が出てもう出なくなる場合もある…という事だったので、不安でしたができるだけ目を離さないようにして様子を見るようにしました。

けいれんが起こった際の注意点

先生にどんな症状か分かりやすく伝えるためにも、動画に撮っておいた方がいいみたいです。

初めて子供のけいれんを目にしたら、動画撮影なんて頭に浮かびませんよね。でも動画撮影さえしていれば、顔色やけいれんの度合い、時間の長さなどが後から冷静に見られるので先生も判断がしやすいようです。

あとけいれんが起こっている最中は呼びかけてはいけないそうです。私は知らずに何度も名前を呼んでしまっていましたが、刺激になってけいれんが長引いたりするようです。

突然ハイテンションになる赤ちゃん!頭は大丈夫?ずっと機嫌が良い!楽しそう!

2回目の硬直が起こった!

病院で検査をしてもらった翌日の夜でした。お風呂あがりにまた大泣きした娘は、寄り目になってえびぞり状態で硬直しました。

内心すごくそわそわしながらも、2回目はしっかり動画を撮って時間を確認しながら終わるまで見守りました。その状態がだいたい2分ほど続きました。

翌日が1ヶ月検診だったのでその際に動画を見てもらいましたが、動画を見た感じだとまだ様子見で大丈夫とのこと。ちょっとホッとしたような、まだ不安なような。

3回目の硬直が起こった !

2回目の症状から2週間経たないくらいで3回目の症状が出ました。今度は抱っこしてあやしている最中でした。このときは大泣きはしていません。本当に突然でした。

一応先生に相談しましたが、今回も様子見でということでした。幸い、娘の場合はこれ以降症状は出ませんでした。

赤ちゃんが寝ながら笑う!どんな夢を見ているのか!天使のような笑顔の理由

寄り目で反り返る原因は?

おそらくけいれんの一種だろうとのことでしたが、分かりません。ですが娘は元気で今は全くその症状は出ていないのでホッとしています。

同じような症状が出てもし不安になっている方がいらしたら、とにかく一度動画を撮って診てもらってください。

赤ちゃんのけいれんは不安になりますよね。何が原因か、心配いらないのか、ちゃんとみてもらうのが一番ママも安心です。

もしものときに備えて、こういった本を一冊持っていると安心できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村