新生児が二重あごになった!お腹もパンパンに張って硬い!赤ちゃんの太りすぎはいつまで?

スポンサーリンク

赤ちゃんの二重あごがすごい!太りすぎ?

もうすぐ生後1カ月になる娘ですが、生後3週間あたりから立派な二重あごが目立つようになりました。

頬もふっくらお肉がつき、あっという間に新生児感がなくなってきています。

とても可愛らしいですが、立派すぎる二重あごを見ているとちょっと心配にもなります。赤ちゃんが二重あごになってしまうのは、太りすぎなのでしょうか。

母乳やミルクを飲み過ぎなのか

まず赤ちゃんの二重あごはまったく珍しいものではありません。むしろほとんどの赤ちゃんが二重あごを経験するのではないでしょうか。

赤ちゃんは離乳食が始まるまでは母乳やミルクなどしか飲みません。そのため赤ちゃんの二重あごがすごく目立ってくると母乳やミルクの飲ませすぎなのでは?とも思ってしまいます。

確かにその場合もあったりしますが、問題ない場合がほとんどです。

赤ちゃんは生後数週間経てば産まれたてのときよりふっくらとして赤ちゃんらしくなってきます。

程度には個人差がありますが、二重あごにもなります。

だから赤ちゃんが二重あごになったからといって太り過ぎだと思わなくて大丈夫です。もちろんダイエットの必要もないですし、母乳やミルクを飲ます量を減らす必要もないです。

あまりにも赤ちゃんが母乳やミルクを飲む量が多かったり、頻回授乳の場合は、産院などに電話ででもまずは相談してみるのもいいかもしれません。

お腹がパンパンに張る原因について

先日新生児訪問があり、自宅に助産師さんが来てくれました。

その際に赤ちゃんの体重がちょっと増えすぎと言われました。助産師さんが赤ちゃんのお腹を触るとお腹もパンパンに張っていて硬い状態。

授乳の際にしっかりゲップを出すようにしていても、それ以上に空気を飲み込んでいるようでガスがたくさん溜まっているのかも…そう言われ、綿棒刺激をすることになりました。

綿棒刺激で大量のウンチ!

助産師さんが綿棒を1〜2センチ入れてそのまま様子を見ていると、数秒後にはボフッと綿棒も吹き飛び大量にウンチが出てきました。

長女が赤ちゃんの頃は便秘がちでたまに綿棒刺激はしていましたが、ここまで大量に出ることはなかった!おしっこのようなウンチがオナラと共にどんどん出てきて、助産師さんも想像以上だったようで驚いていました。

こんなにも大量に溜まっていたのかと思うと、すごく申し訳なくなるほど。

毎日赤ちゃんはうんちをしていたので、まさかこんなに出るとは思ってもいませんでした。

おへその下あたりがもし硬くパンパンになっているようなら、うちの赤ちゃんと同じようにうんちやオナラが溜まっているのかもしれません。

その場合は綿棒刺激をしてみると解消されるかもしれないので試してみてください。

頻繁に唸っていたのが激減!

翌日も赤ちゃんがまだおじさんのような大きな声で唸って機嫌が悪かったため、沐浴前に綿棒刺激をしてみました。

するとその日もボフッとなかなかの量が出てきました。昨日たくさん刺激してもらったので、今日は1回だけにして沐浴しようとオムツを外したんですが、その後にも1メートルくらい飛んだんじゃないかと思うくらい大量のウンチが飛び散りました。

私もウンチまみれになり、あまりの量に驚いて思わず叫ぶほどでした。

綿棒刺激をする際は飛び散りに本当に注意です!

でもこれでかなりスッキリしたのか、この日から赤ちゃんの唸りが激減しました。

赤ちゃんがよく唸るなーって場合もうんちやオナラが原因だったりするので、赤ちゃんの様子をよく見ていていてあげてくださいね。

赤ちゃんの唸りについてまとめた記事もありますので、気になる方は読んでみてください↓

赤ちゃんが低い声で唸る!苦しそうに唸る理由と対処法

おわりに

普通にうんちが出ていて便秘じゃないからと気にせずにいると、うちの子のように大量に溜まっていたりすることもあります。

お腹の張りや唸り声に注意して、うんちやオナラを溜め込まないよう気をつけていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村