赤ちゃんがジョイントマットをはがす!しつこいイタズラにイライラ!剥がされないようにする対策は?

スポンサーリンク

ジョイントマットの端っこを剥がして遊ぶ

最近娘の中で大ブーム中のイタズラがあるんですが、それは…

ジョイントマットをはがす!!

です。赤ちゃんってこんな事もしちゃうんです!ベリベリ剥がしてはまた次のマットをベリベリ。

家事なんかしながらふと見ると、剥いだジョイントマットを満足そうにブンブン振っています。剥がすのがよほど楽しいのか、満足げにルンルンでジョイントマットを握りしめていて、思わず可愛い!とも思ってしまいますが、やっぱりやめてほしい!

こういったイタズラって何度注意しても何度も何度も繰り返すんです。やめてほしいと思っても、赤ちゃんはまだなかなか理解ができないので私もひたすらジョイントマットを元どうりにするしかできません。

でもやっぱりまたすぐにベリベリ剥がされます。

私はまずジョイントマット選びから失敗していたようで、後悔しています。

赤ちゃんが自分の耳を強く引っ張る!グリグリ押したり掻く!機嫌がいい場合の触る原因と対策について

失敗談!絵柄が取り外し可能なパズルマットはおすすめできない

赤ちゃんが剥がしてしまうなんて全く頭になかった私は、可愛い!というだけであるジョイントマットを購入しました。それは…

絵柄部分が取り外し可能なパズルマット!

普通のジョイントマットに絵柄がついていて、その絵柄部分はくり抜けるようになっているんですね。

だからジョイントマットを剥がしてその次は絵柄を外すという二重でイタズラを楽しめちゃうジョイントマットを私は購入してしまったんです。

これは後からママが片付けるのもなかなか大変です。「あれがない!」「どこにやったんだろう?」なんてしょっちゅう。

ちょこちょこ歩けるようになった娘はジョイントマットをいろいろな場所に持ち歩いては放置するんです。

最初は剥がし始めた瞬間に止めに入っていたんですが、そうすると剥がすのを邪魔されるのが嫌らしく、すごく泣いたり怒ったりします。でも機嫌を悪くしつつもまたすぐに剥がし始めるから、ついついこっちもイライラしちゃうんですね。

これではいけない!と今は好きなようにさせているんですが、それはそれで好き放題に剥がしています。

ただ絵柄部分をよく小さな指でガリガリして浮かせようとするんですが、だんだん隙間ができたりして外れやすくなってしまう場合もあります。あまり遊ばせすぎるとそういった事にもなるので注意です。

赤ちゃんが壁や床を爪でガリガリ!叩く!理由と止めさせる方法について

赤ちゃんがジョイントマットで遊ぶ際の注意点。誤飲に気をつけて

知っての通り、赤ちゃんは何でも口に入れてしまいます。ジョイントマットもそう!娘はあまり口に運ぶということはせず、夢中でマットで遊んでいたため大丈夫かな?と油断しているとパクパクしていました。

絵柄が取り外せるパズルマットの場合は、物によっては絵柄で小さいパーツもあったりする事があるので、誤飲にも気をつけなくてはいけません。また普通のジョイントマットでも薄めのものだと、赤ちゃんでもだんだん噛む力は強くなってきているため、噛みちぎってからの誤飲も心配です。それに普段私達が足で踏んでいるマット、清潔ではありませんよね。

赤ちゃんがジョイントマットで遊び始めたら、目を離さないように気をつけてくださいね。




生協の宅配パルシステム

ジョイントマットのメリット

ジョイントマットにはメリットがたくさんあり、購入されるご家庭も多いと思います。これをつけると赤ちゃんがいる生活という感じが出ますよね。

私は最初、赤ちゃんの転倒に備えて購入したため、他のメリットはとくに気にしていませんでした。でもジョイントマットのある生活を続けていくうちにいろいろな良さを知りました。

ジョイントマットのメリット

  • 赤ちゃんが転倒した際にクッションになる
  • ハイハイするとき足を守ってくれる
  • 飲み物や離乳食をこぼしても掃除が簡単
  • 防寒になる
  • 部分的に買い替えできる
  • 床や畳に傷ができるのを防止できる

など。赤ちゃんがいると普通に床や畳で生活するのが心配になってきますよね。ジョイントマットはそんな心配をだいぶ解消してくれます。

ジョイントマットの選び方やイタズラ防止策

まず乳児やまだ小さいお子さんがいるご家庭には先に書いたように、絵柄が取り外しが可能なパズルマットはおすすめできません。ジョイントマットを剥がして遊ぶというのをしなくなった子には、掃除は大変かもしれませんが可愛いのでおすすめです。

ジョイントマットを剥がされないようにする対策

  • 分厚めのジョイントマットを選ぶ
  • ジョイントマットの上にラグマットやカーペットなどを敷く
  • ジョイントマットの端やウラ側を剥がされないようにテープなどでとめる
  • 目を離してしまう際はサークルや歩行器などを使って端に行けないようにする

分厚めのものを選べばその分マットも曲がりにくくなり、赤ちゃんはなかなか剥がせなくなると思います。薄めだと剥がされていくうちに隙間ができたりして、余計に剥がしやすくなっていくことも。それにだんだんと潰れていってしまうので、クッション性なども考えると分厚めの方が長く使えますよ。

適度に厚みがあり、端っこはつまずき防止のために斜めにカットされたものがおすすめです。斜めにカットされていれば赤ちゃんもなかなか剥がせません。

おわりに

赤ちゃんのイタズラって成長するにつれてどんどん増えていきます。こんなこともできるんだ!と成長が嬉しい反面、なかなか大変ですよね。

いい対策などがあればいろいろと試してみて、ママの苦労も少しでも減らせるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村