新型コロナウイルスが感染拡大する中、赤ちゃんとの外出で気を付ける事と予防方法

スポンサーリンク

赤ちゃんもコロナに感染するリスクがある

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、全体的にみると子供の感染者数の割合はすごく少なかったりします。ですが子供の感染者数も世界中で少しずつ増えてきています。大人と比べればまだまだ少ない割合かもしれませんが、子供の方が感染しにくいとかそういう事ではないので予防は必ず必要です。

もちろん赤ちゃんが感染する可能性もあります。

大人と比べると子供は軽症で済む場合が多いようで重症化する確率は低いです。ですが赤ちゃんや年齢の低い子供は自分で症状を口にできなかったり、無意識のうちに感染し重症化してしまう危険もあるため、特に注意が必要です。

赤ちゃんのコロナ予防方法

コロナウイルスの予防でたくさんの人がマスクを着けているかと思います。飛沫感染を防ぐためにもマスクはとても有効的だと思いますが、赤ちゃんや年齢の低い子供はマスクを着けるのはなかなか難しかったりします。

そうなるとどうコロナウイルスの予防をすればいいのか悩むママも多いかもしれません。

外出を控える、人との接触を控える

まずは不特定多数の人との接触は控えるようにしましょう。家庭環境によってはどうしても乳幼児を連れて外出せざるおえない場合もあるかもしれませんが、できるだけ外出を控えるだけでも感染のリスクがグンと下がります。

手洗い、うがい、消毒

赤ちゃんは何でも口に入れます。自分の指や手をしゃぶるのもしょっちゅうです。

自分で手洗いなどできない乳幼児は、ママが抱っこしたり、バケツや桶などを使って手を洗ってあげるようにしましょう。また首の据わっていない赤ちゃんは石鹸で洗った後、ガーゼタオルなどを湿らせて拭き取ってあげるといいです。

赤ちゃんに普通のハンドソープを使うのが心配な場合は、赤ちゃん用の全身ソープなどで手を洗ってあげてください。

うがいができる子はうがいをする、手を洗い終わったら消毒をするとかなり予防の効果が高まります。

消毒液に関しては1歳以上の子供には使える場合が多いですが、赤ちゃんに使えない場合が多いです。アルコールフリーのおしりふきなどで手を拭くのもいいですが、アルコールフリーだと除菌効果は期待できません。

外出したり、ウイルスに汚染されているおそれのあるおもちゃや物に触れた場合は、こまめに手洗いを心がけましょう。

医療機関などでのおむつ交換はできるだけ控える

赤ちゃんは予防接種などで医療機関を利用することが多いと思います。

コロナウイルスの予防のために予防接種の時期をずらしたりしたいと思うママも多いかもしれませんが、赤ちゃんの予防接種は時期が決まっており、その時期をずらすのはよくありません。

人が多く集まる場所もできれば控えるようにすると安心ですが、医療機関ではとくにおむつ交換は控えるようにしましょう。またおむつ交換をする際はする前とした後にママはしっかりと手を洗うようにしてください。

親が感染しないように気を付ける

子供の感染者は親から感染した場合が多いようです。

家庭内で子供にウイルスを感染させないためにも、親がしっかりと予防をすることが大切です。

おわりに

乳幼児が新型コロナウイルスに感染してしまったら…そう考えるとパパやママは心配でどう予防したらいいのか悩むかもしれません。

基本的には大人と同じような予防方法にはなりますが、赤ちゃんが感染しないようまずは親がしっかりと予防をするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村